目的別の正しい摂取方法を知ろう!

スムージーの正しい飲み方

健康のために良いとされているスムージーですが、実は目的によって摂取方法に注意があるのをご存知ですか?

驚く女性

健康に良さそうな野菜やフルーツを適当に組み合わせただけでは、逆効果になってしまう場合もあるんだとか。


せっかく取り入れているのに、逆効果になってしまっては意味がありませんよね。
特にダイエットの場合はショックも大きいでしょう。

 

そもそもスムージーがダイエットに適していると言われるのはなぜでしょうか?
スムージーに使用されている野菜やフルーツには、とても豊富な抗酸化物質が含まれています。

 

食事制限をしてバランスが乱れがちなダイエット中は、肌荒れなどを引き起こしやすくなります。
そんな時に、緑の野菜に含まれるクロロフィルが、血液をサラサラにして廻りを良くしてくれます。

 

血糖値が上がりにくいということもダイエットに適している理由の一つです。食事の前にスムージーを飲むだけで、急激な血糖値の上昇を抑えることができるんです。

 

あれ?いいことばかりだよね?と思われた方!実際に口コミなどでも、効果には賛否両論ありますよね。

 

効果がある人とない人がいるというわけです。もしかしたら、作り方や摂取方法に問題があるのかもしれません。 

紫外線対策のあるスムージー

 

日差しが強くなってくると、気になるのが紫外線ですよね?
日焼けやシミ、肌荒れの原因となります。
もちろん、シミや肌荒れの原因になる紫外線は日焼け止めクリームを塗るのは鉄則です。

 

また、併せて内側から紫外線対策をする事もできます。
スムージーの中には飲むだけで紫外線のダメージを肌から守るだけでなく、シミが薄くなるグリーンスムージがあるそうなんです。

 

チェック

★材料★
・ほうれん草10g
・パプリカ90g
・ゴーヤ50g
・キウイ30g
・ハチミツ、水 適量

 

 

 

以上の材料をミキサーにかけるだけの簡単なレシピです。
毎日、取り入れましょう。
ただ、ゴーヤが入っていると飲みにくいという方もいらっしゃいますので、ゴーヤを少しにしたり、キウイの量を増やしたりして飲みやすくしてください。
レモンを加えるのもいいかも知れませんね。

 

このグリーンスムージーでも、薄くならない頑固なシミには・・・
ハイドロキノンについて

 

 

 

ADS BY Google


正しくスムージーを飲むために

やってはいけないこと「1」
寒い時期に冷たいスムージーを飲んでいる。
空きっ腹に冷たいスムージーをゴクゴク飲んでいませんか?

内蔵が冷えてしまっている可能性があります。
代謝が落ちて血流が滞り、不妊などの原因になってしまいます。

 

しかし、常温になるまで待つのも問題です。スムージーになった野菜や果物に含まれている酵素は、その瞬間から劣化が進んでいます。
出来た瞬間にグラスに移し、飲んでしまわなければ勿体ないですよ。使う材料をスムージを作る前に常温にしておくのが一番です。

 

 

やってはいけないこと「2」
スムージーを飲むと胃が痛いなんてことありませんか?

空腹の状態で飲むと、フルーツに含まれている酸が、胃を刺激してしまうことがあります。
早朝に飲むことや、分量を調節してみましょう。

 

 

やってはいけないこと「3」
味付けに牛乳や砂糖を使っていませんか?

余計なものを加えることによって、消化を妨げてしまう可能性があります。どんなに体にいいからといって過剰摂取はNGです。

 

毎日継続して取り入れるものだからこそ、そのレシピには注意が必要です。フルーツの量が多く、果糖の摂り過ぎではカロリーオーバーになってしまいます。

 

健康的に続けるためにも、今の自分の体にあったレシピを吟味してみましょう。